身体Junction ~からだジャンクション~

交通事故に遭ってしまったら!?いざという時に役に立つQ&A

普段の生活の中で自動車は切っても切れない便利なものですよね。

しかし便利さゆえに事故に巻き込まれる可能性もあります。

ある日突然、事故に巻き込まれてしまったとき、慌ててしまう方も多いですが、交通事故の正しい対処の知識があるかどうかでその後に大きな差が出る場合もあります。

万が一、交通事故に遭ってしまっても慌てず対処できるよう正しい知識を身につけておきましょう。

交通事故に遭ってしまったら

①負傷者の救護、危険物を撤去する

まずは人命が最優先となります。
負傷している人が居る場合は、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

そして、二次災害を防ぐためにも道路上にある危険物はできる限り撤去しておきましょう。

後続車が事故に巻き込まれないよう配慮する必要があります。

②「人身事故」の届けを出す

加害者の方は警察へ事故の連絡をするようにします。

保険の支払いなどに必要な「交通事故証明書」を発行してもらうためにも、警察へは必ず連絡を入れてください。
この時、「人身事故」として処理してもらいましょう。

人身事故扱いにしてもらうことで、後に賠償金を支払ってもらうことができるようになります。

③加害者の確認をする

加害者の方の免許証、車検証を確認しておきましょう。

可能であれば住所、名前、電話番号、相手の保険会社、勤務先などの情報も控えておきましょう。
相手が無免許だったり保険に入っていない場合も考えられます。

警察の方も確認しますが、自分でも確認しておくことをおすすめします。

④目撃者を確認する

後日、加害者の方と争うことになってしまったら、証拠が必要となる場合があります。

事故の目撃者が居ましたら、名前や連絡先、証人になってもらえるかどうかを確認しておきましょう。

可能であれば、警察が来るまで待ってもらい、目撃者の方の連絡先なども調書に記録しておけるといいです。

⑤事故の記録を忘れずに撮っておく

事故直後は慌ててしまう方も多いですし、人間の記憶は時間とともに曖昧になってしまいます。

そのため、車などを動かしてしまう前に写真などを撮っておくことをおすすめします。

あとで現場の状況確認が必要になったときに役に立つでしょう。

⑥保険会社へ連絡

自分が加入している保険会社にも必ず連絡を入れるようにしましょう。
事故の場合は24時間受け付けているところがほとんどだと思います。

基本的には治療費の支払いや賠償金の請求などについての話になるかと思いますが、今後の流れなども相談できるかと思います。

⑦医療機関を受診する

事故直後はアドレナリンが出て体の異常を感じなかったという方も多いです。

自覚症状がなくとも後から症状が出てくる場合もあるので、必ず受診するようにしましょう。
まずは整形外科を受診することをおすすめします。

交通事故の場合は症状がないからといって甘く考えないようにしましょう。

⑧治療費の領収書の保管

医療機関を受診したときは、必ず領収書をもらい、すべて保管しておくようにしましょう。

賠償金の請求の時に必要になるので捨てずにとっておきます。

知らないと損する!?交通事故のお金について

賠償金の額は基準によって変わる

事故を起こした場合の損害には保険金がおります。

しかし、起こした事故は変わらないのに賠償金は異なっていることがありませんか?
賠償金額が変わってくる理由は「基準がどこにあるか」によって変わるからです。

交通事故の損害に対する賠償金額の基準は以下の3つがあります。

①自賠責基準

自賠責とはだれでも必ず入る自動車損害賠償責任保険の略です。

この自賠責保険の支払い基準のことを自賠責基準と呼んでいます。

②任意保険基準

任意保険とは、乗用車を所有している人が任意で入る保険のことです。

その保険会社が内部で基準を定めており、これを任意保険基準と呼んでいます。

③裁判基準

裁判基準は民事交通事故訴訟損害賠償算定基準に記載されている賠償額の基準のことを指します。

この基準は裁判などでも重視されていることから裁判基準や弁護士基準と呼ばれています。

 

この3つのうち賠償額は自賠責基準、任意保険基準、裁判基準の順に高くなると言われています。

保険会社は安く済ませようとしてくる

すべての事故に裁判基準を用いて賠償金の額を決定しているのであれば問題ありませんが、保険会社は営利団体であるため自賠責基準や任意保険基準に基づいた金額を提示してくることが多いです。

そこで何も知識がないと安い基準で示談に応じてしまい、損をしてしまうことになります。

だからといって裁判基準で支払いを求めても応じてもらえる可能性は低いため、基準の根拠を出すようにしましょう。
なので、裁判基準で賠償金を求める場合は弁護士を代理としてお願いすると示談金額が増額します。

専門的な知識が少ない方にも、簡単な言葉で理解しやすく説明してくれる弁護士が良いでしょう。
さらに、事故の当事者の方の話をしっかり聞いてくれる弁護士でなければ、綿密な打ち合わせができず、示談交渉もスムーズに進みません。

そして何より、依頼主の以降に沿って仕事をこなしてくれる弁護士でなければなりません。

依頼をする弁護士選びは慎重に行いましょう。

まとめ

茨城交通事故治療.comでは、交通事故治療で困ったことがあれば何でも相談に乗ってくれます。

交通事故に遭った際は、一人だと不安なことが沢山あると思います。
交通事故治療のプロに相談して解決に導いてもらいましょう。

そして、あお整骨院では交通事故によるケガで最も多いむち打ちをしっかり治療してくれます。
むち打ちは、早期から適切な治療を始めないと後遺症になる場合もあります。

あお整骨院では、電気やマッサージでしっかり治療し、さらに運動トレーニングによるリハビリで体の動きや感覚を正常な状態に戻していってくれます。

ですから、交通事故でのケガからスムーズに日常生活に戻してくれるのです。

さらにあお整骨院では、交通事故案件に強い弁護士や行政書士の紹介もしてくれます。
交通事故の慰謝料や治療費で悩んでいる方は、一度あお整骨院へ相談してみてはいかがでしょうか?

ストレスのない生活を送るためにも、困ったことを抱えずにプロにお任せして解決しましょう。