身体Junction ~からだジャンクション~

交通事故後の適切な対応:「準備編」&「治療編」

交通事故に遭ったら…まず何をしたらいいの?

交通事故は年々増加しており、誰がいつ事故に遭ってもおかしくありません。

そんな突然の交通事故に、適切に対応できるように「準備」と「治療」の二つの面からご説明していきます。交通事故後の治療の流れを知って、いざというときのために頭に入れておきましょう。

交通事故治療【準備編】

もし交通事故に遭ったら、まずは何をすればいいのでしょうか?交通事故に遭った時に行う流れから知っていきましょう。

1、警察へ交通事故の届けを出す

交通事故により怪我をした際は、人身事故扱いをしてもらうために届け出をします。また、交通事故証明書は仮渡金の請求などで必要になるので、早めに自動車安全運転センターへ交付を依頼しましょう。

そして、小さい事故だからと言って警察に連絡しなくて良いと判断するのは大きな間違いです。交通事故に遭ってもすぐ警察に連絡していなかったため、治療費が全額自己負担、保険もおりないというケースが多いのです。

2、加害者の情報を集める

pak86_penwomotutetonote20140312_tp_v

・加害者の名前

・住所と連絡先

・車の登録ナンバー

・自賠責保険(共済)

・自動車保険の会社(組合)名

・証明書番号

以上の情報を集める必要があります。他にも加害者の勤務先の住所や連絡先を確認しましょう。もし業務中の事故であれば、運転者だけではなく雇主も賠償責任を負う可能性もあります。

また、相手が無免許だったり自賠責保険や任意保険に加入していない場合もあります。もちろん警察も確認しますが、自分でも必ず確認することが大切です。

3、現場での目撃者を確保する

万が一、相手とトラブルになった際は第三者の意見が効果的になってきます。通行人などの交通事故の目撃者がいれば、協力をしてもらい証言をメモしましょう。また、氏名や連絡先を聞いておき必要ならば証人になってもらえるか確認しておきましょう。

もし可能であれば、目撃者に警察が来るまで待っていてくれるようにお願いをしましょう。警察が来ると、目撃者の連絡先なども調書に書くので記録として残ります。

4、現場の記録

交通事故ではショックが大きく、事故当時の記憶が薄れてしまいがちです。記憶が鮮明に残っている間に記録として残しておきます。出来るだけ、事故直後は現場の見取り図、事故の経過など写真やデータなどで残しておきましょう。

特に、車などは動かしてしまう前に携帯の写メなどで残しておくことがおススメです。

5、保険会社に連絡

加入している保険会社に連絡しましょう。事故の場合、ほとんどの保険会社が24時間対応しています。

6、病院で医師の診断を受ける

s_photo_00917

事故発生後に吐き気やめまい、頭痛などの症状が起きた場合は、まず専門病院にて精密検査を受けましょう。その後検査にて異常が見つからなければ整骨院などでの施術を受けましょう。

7、健康保険・労災保険の使用

交通事故では健康保険が使えないという誤解をしている方が多いようですが、そんなことはありません。交通事故でも健康保険、労災保険が使えます。

整骨院での交通事故治療【治療編】

準備が終えたら、次は治療に移ります。交通事故によりむち打ちなどになった場合、整形外科などに行くことが多いでしょう。病院ではレントゲンやMRIなどの検査を行います。ですが、むち打ちはそのような検査では映りません。

ですから整形外科ではむち打ちの根本的な治療が出来ないのです。しかし整骨院では、問診で患者様の症状を把握し治療、リハビリ、後療法などで改善していきます。

1、整骨院や接骨院へ来院

来院するにあたり、診断名(病院受診の方)、お取り扱いの保険会社連絡先を準備しておきましょう。また、保険会社にも整骨院や接骨院へに通院したい旨を連絡しておきます。

2、問診票の記入

交通事故治療にあわせた問診を行います。問診表には、事故が発生した日時と状況、医師の診断内容、怪我の症状、保険会社の確認などを記入できるようにしておきます。

3、触診

怪我の状態を触診して確認します。痛み具合、腫れ、患部に熱がこもっているか、機能障害があるかなどの検査やテストを行い治療のプランを組み立てます。

4、治療の開始

それぞれの症状に合わせて、様々な治療プランを決め治療していきます。治療と同時に、日常生活での注意点やリハビリなども行っていきます。整骨院では、症状に合わせてマッサージ、超音波治療、電気療法、冷温法、テーピング、背骨・骨盤矯正などの治療を行います。

5、治療の終了

症状が改善されたら治療は終了します。もちろん、症状によって個人差がありますが通常は3~6ヵ月で完治します。保険会社に治療が完了したことを連絡し、その他の費用を計算してもらいます。

明細の入った示談内容書を確認します。それに納得がいけばサインをして終了になります。

交通事故治療【よくある質問】

交通事故治療において、よくある質問についてご紹介します。

Q 他の整骨院・病院で治療中ですが転院はできますか?

A 治療する場所を選ぶ権利は、患者様にあるので転院は可能です。転院する場合は、必ず保険会社に連絡しましょう。治療が合わないことや治療する時間帯が合わないことが原因で転院する方は少なくないようです。

Q 治療の終了は保険会社が決めるのですか?

A 治療終了は、医療行為の終了であり患者様と医師との間で話し合いをして医師の裁量で行うものです。ですから、保険会社は治療の支払い終了は決めますが治療終了を決めることはありません。

交通事故治療の基本を知っておこう

いざ交通事故に遭ってしまったら、恐怖感などでパニックになる場合もあるでしょう。そんな時にご説明した流れや知識などを頭に入れておけば、冷静に判断できるかもしれませんね。

交通事故治療を行っているあお整骨院では、日常生活への早期復帰のために様々な治療やリハビリに力を入れています。また、心のケアまでしてくれるので安心してお任せできます。

また、あお整骨院がプロデュースする茨城交通事故治療.comでは、交通事故治療においてわかりやすく説明しています。治療はもちろん、保険のことも相談できるので困ったことがあったら何でも相談してみましょう。