身体Junction ~からだジャンクション~

知らないと損!?知らないと困る弁護士特約のこと

便利な弁護士特約をご存知ですか?

自動車保険に加入する際の任意保険に弁護士特約という契約があります。これは保険会社によって弁護士費用補償特約など名前が異なることがあります。

弁護士特約というのは、日常で遭遇してしまった事故や自動車の事故によって怪我をしてしまった際に賠償問題に発展し、弁護士を依頼して相談しなければならなくなった場合の弁護士費用を保険会社が補償するという保険です。

弁護士特約がない状態や、または使用せずに弁護士に依頼をし損害賠償を請求した場合には、弁護士の費用については実際に取得した賠償金の中で支払われることになってしまいます。

しかし弁護士特約に加入して利用すれば弁護士の費用はこの弁護士特約の中から支払われるので依頼主は賠償金を全て残す事ができるのです。

弁護士側にとってはいずれにせよ弁護士依頼費用は支払われることになるのであまり気にしない弁護士もいるそうですが、賠償金が掛かっている依頼主にとっては非常に大きな問題です。

補償金はどのくらい?

011

弁護士特約の限度額は300万円までの補償という内容のものが多く、小規模な交通事故の賠償問題であれば十分に完了できる金額でしょう。

交通事故に関して弁護士に示談交渉を依頼する場合には着手金や相談料、出張を依頼する場合などの費用は最終的に慰謝料を手に入れるまで自腹を切るようになってしまいます。

自腹で払うはずの費用を弁護士特約でカバーできるので、保険の加入時には付けておくと安心でしょう。

最近では相談だけなら無料の弁護士事務所や、後払いが可能な弁護士事務所もあるようなので利用する際には確認しましょう。

弁護士特約に加入していても利用されていないのが現実

保険に加入する際弁護士特約を付ける方は沢山いらっしゃるようですが、実際には利用していないという方が多いのが現状です。弁護士特約は自分が加入していなくても家族が加入していれば利用することが可能です。

しかし実は弁護士特約という制度は比較的新しいものでまだ良く知られていないことや、さまざまな誤解があることによって利用されることが少ないようです。

弁護士特約を利用しない理由は

  1. 弁護士特約に加入していることを知らない、忘れている
  2. そもそも弁護士特約を知らない
  3. 弁護士特約を利用できるかどうかが分からない(利用できないと思っている)
  4. 交通事故に巻き込まれても弁護士を立てずに自分自身で保険会社と示談交渉し解決してしまっている

このようなことが多いようです。

知らないと損①弁護士特約の存在を確認しよう

自分自身の保険に弁護士特約が付いていないことのみ確認をし、使えないと判断してしまうケースが非常に多いそうです。

万が一交通事故に遭ってしまったら自分自身の保険もしくは家族の保険に弁護士特約が付帯されているかどうかをまずは確認するようにしましょう。

弁護士を立てている方が交通事故の示談交渉などの場合有利に進められる可能性が高いので、弁護士特約が付いている方はぜひ利用するようにしましょう。

保険は万が一の時のためのもので、安心するために加入するという方も多いでしょう。実際にどのような時にどんな保険が使えるのかはあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。知らないと損ですね。

知らないと損②弁護士特約の使用を勤め先の会社が嫌がるケース

仕事で使う社用車を運転してる時に起きた事故などは勤務している会社が加入している自動車保険を利用することができます。しかし会社が弁護士特約の使用を嫌がることがあるのです。

会社は弁護士特約を使用することによって保険料が上がってしまうのではないかという誤解をしている場合が多いようです。

被害者側であれば弁護士特約を使用しても保険料には影響しません。そこの誤解が解けると弁護士特約の使用を快諾してくれるケースが多いようです。

知らないと損③保険会社から使えないと言われてしまうケース

実際には弁護士特約を使用することが出来る状態にもかかわらず、保険会社や保険代理店の担当者から弁護士特約を使うことは出来ないと言われてしまう場合があります。

保険会社の保険のプロが言うのであれば弁護士特約を使えないだろうと思ってしまいますが、担当の方嘘を言っているつもりはなくただ単に仕組みを理解していないという可能性もあるようです。

もちろんしっかり理解をしている保険会社の方が多いと思いますが、弁護士特約を使用できないと言われても鵜呑みにせずにしっかり確認してから行動しましょう。

弁護士特約を利用するなら早めに!

弁護士特約がない状態では被害者であっても自分自身が示談交渉をしなければなりません。それは被害者にとって大きな負担となります。弁護士を立てずに自分自身で交渉するとなると賠償金の金額を下げられてしまうことや不利益を被ることもあります。

万が一自費で弁護士を立てるとなると、高額な弁護士費用がかかってしまうので自己負担がなく済む弁護士特約があると非常に助かります。

交通事故の被害に遭ってしまった人が不利益を被らないためにも弁護士特約は必要なものなのです。

弁護士特約を利用するのならば早ければ早いほど良いでしょう。どのタイミングで弁護士を依頼しても弁護士を依頼する費用は0円です。早期に依頼をして示談交渉が不利にならないようにサポートしてくれますし、弁護士に従って手続きを踏めば話を有利に進めることができます。

万が一交通事故に遭った場合にはすぐに弁護士特約を利用し、弁護士に早めに相談するようにしましょう。

突然の事故に備えて安心の整骨院を知っておこう

あお整骨院では交通事故による身体の不調の治療も行っています。

交通事故の場合には加害者の加入している保険などによって治療費が払われるためお支払いの必要はありません。

交通事故を人身事故扱いにするか物損扱いにするかによっても保険の適応が変わってきますが、あお整骨院には交通事故の保険に詳しいスタッフが在籍していて的確なアドバイスをしてくれます。

症状や診療内容、治療経過などを書面で報告する必要がありますがそういった事務手続きもスタッフが行ってくれるので安心して治療に専念することができます。

万が一の時に備えて、安心のあお整骨院をチェックしてみて下さい。