身体Junction ~からだジャンクション~

交通事故のあとはさまざまな身体のトラブルに注意!

不運にも交通事故に遭ってしまってから、なんだか体の調子がおかしい気がする…。という感覚になることはありませんか?

交通事故に遭ってしまった直後は何ともない人でも、実はダメージを負っていることが多いです。

今回は交通事故に遭ったあとに注意して欲しい身体のトラブルについてご紹介します。

①むち打ち

交通事故による怪我でも特に多いのが「むち打ち」です。

むち打ちというのは俗称なので、病院などでは「外傷性頚部症候群」あるいは、軽いものでは「頚部捻挫」という診断名かと思います。

むち打ちは衝突時の衝撃で首が前後にムチのようにしなることが原因で起こります。

首に衝撃がかかると筋肉や腱といった軟部組織が破壊されてしまうので、身体は新しい組織を生み出します。その際に厚く硬くなってしまうことで自由な動きができなくなり、痛みを感じるようになります。

首や肩の動きが鈍くなってきたり、頭痛がする方はむち打ちの症状かもしれないので要注意です。

むち打ちの種類

むち打ちと一口に言っても、痛めた箇所によって種類が分けられます。

頸椎捻挫型

むち打ちの中では最も多い症状で、約70%ほどの人は頸椎捻挫型になります。

頸椎の骨と骨の間にある関節包や骨の種類にある靭帯などが損傷されたことが原因になります。

足首を捻挫すると内出血が起きたりしますが、それと似たようなことが首で起きていると思ってもらえると分かりやすいかと思います。

バレー・リュー症候群型

バレー・リュー症候群は頸部交感神経と血管、斜角筋などの頸部筋群が過剰に伸長してしまうことや、断裂・損傷によって引き起こされます。

後頚部交感神経の刺激症状として内耳や目、心臓、咽喉頭部などに症状が現れ、主な症状としては後頭部痛・吐き気・めまい・耳鳴り・目のかすみ・耳閉感などがあります。

神経根症状型

脊髄の中でも、運動神経と知覚神経が集まっているところを「神経根」と呼びます。

この神経根の周りで腫れや損傷が起こると、それぞれの神経がコントロールしている部位に症状があらわれます。

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)

最近提唱され始めたものなので、詳細がはっきりとしていないのが現状です。

頭蓋骨の中には脳があり、脳の周りは脳脊髄液という液体で満たされていて、この液体の中で浮いている状態にあります。

この液体は脊髄にも繋がっているのですが、脊髄損傷により髄液が漏れてしまい、本来はかからない負担が脳にかかってしまっていることが原因であると思われます。

これにより頚部痛、慢性的な頭痛、嘔気、めまい、倦怠、視力障害、思考力や記憶力低下などの様々な症状が出現するものと考えられています。

軽微な事故で原因不明な場合はこの症例が含まれているのではないかと言われています。

その他

むち打ちではその他にも「疲れやすくなった」、「身体がだるく重い」「朝起きるのがしんどい」「出かけることが億劫」といった悩みを抱える人が多くいます。実はこれらもむち打ちが原因かもしれません。

むち打ちが普通の怪我とは違い、身体にかかる負担が大きいため、身体のさまざまな関節にダメージを与えてしまいます。

骨格は身体を支える重要な役割がありますが、事故の衝撃で関節がずれると身体を支えることが難しくなってきます。

人間は無意識のうちに骨格をかばい筋肉で体を支えようとするので、筋肉を必要以上に使いリラックスすることが出来ません。そうなると疲れやすくなってしまいます。

骨格を支えるために日中ずっと緊張状態にあった筋肉の疲れは1日寝ただけではなかなか取れるものではありませんし、そのまま放置してしまうと悪化する一方。

早めに病院や整骨院で骨格を整える必要があります。

むち打ちの主あすな治療方法

むち打ちの治療として主に4つの方法が行われます。

  1. RICE処置(安静、冷却、圧迫、挙上)
  2. 早期の局所ケア
  3. ずれた背骨を調整
  4. 筋・筋膜へのアプローチ、エクササイズ、ストレッチ、日常生活指導

3番と4番は病院ではなく、整骨院で行うという人も多いです。

整骨院でずれてしまった骨格を整えることで正常に戻ることもあります。診療の結果、通院まではしなくとも少し心配…といった場合は整骨院に通うのもおすすめです。

②脊髄損傷

脊髄損傷は、椎間板損傷や骨折・脱臼により頚髄が傷ついたり、圧迫されたりする事によって起こります。

左右両側で症状が出やすく、手の脱力や上肢の疼痛を起こします。同時に神経根症状が起きる場合もあります。

損傷の度合いによっては下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢の痺れや知覚異常を起して歩行困難となることも。

自覚症状がない場合も病院に!

むち打ちや脊髄損傷について紹介しましたが、これらは事故直後には症状が出ない場合もあります。

事故直後に明らかにひどい損傷を負った場合や、自力で動けないようならすぐに病院へ搬送されますが、意識があり自力で歩けるような人はそのまま帰宅してしまうなんてことも多いのです。

しかし交通事故直後は自覚症状がなくとも、身体に大きな損傷を負っている場合があります。必ず病院へ行くようにしましょう。

出血を伴った負傷や、強い痛みを感じる場合は自力で病院へ行くのではなく、救急車で向かうと安心です。

 整骨院に通う場合

むち打ちに効果的なマッサージや運動トレーニングを整骨院が行ってくれる場合もあります。

あお整骨院のような交通事故で困っていることがあれば何でも相談できる整骨院に通うことも良いでしょう。もちろんあお整骨院では電気とマッサージにより治療をし、運動トレーニングによるリハビリも行ってくれます。

それだけではなく交通事トラブルに強い弁護士や行政書士の紹介もしてくれます。

交通事故に遭うと身体の心配だけでなく治療費や慰謝料のことも不安になりますよね。費用面で困っていることも気軽に相談できるので安心です。

まずは自分で調べてみるとい場合は茨城交通事故治療.comのようなサイトが参考になるのでチェックしてみてください。

交通事故によるむち打ちなどの怪我は早期段階での治療が有効になります。しっかりとした診断・治療を受けることで問題なく治る怪我なので悪化させる前に早めに医療機関に行きましょう!