身体Junction ~からだジャンクション~

保険会社から事故治療費を打ち切られるかも!?整骨院が安心な理由

車やバイクなどで交通事故に遭ってしまったときの代表的な怪我に、打撲・むち打ち・骨折があります。

実は任意保険を利用して治療を受けている際に、場合によっては保険会社から治療途中になのにも関わらず、治療を打ち切られてしまうことがあるのをご存知でしょうか。

保険会社が打撲なら1ヶ月、むち打ちは3ヶ月、骨折は6ヶ月もあれば治療が完了するという目安を持っています。それが治療の打ち切りの目安になっているのです。

交通事故に遭ってただでさえ不安な時に、治療費まで打ち切りされてしまうことがあるなんて心配になりますよね。

もちろん治療の打ち切りと言っても、治療が終了するわけではなく、保険会社からの治療費の支払いが終了するということを意味しています。それが「DMK136」と言われているものです。

治療を受ける際に知っておきたい「DMK136」

もちろん目安ではあるので全ての方が該当するわけではありませんが、症状が改善されていないのに、さまざまな理由で治療費を打ち切りされてしまう可能性があるのは不安ですよね。

治療費を打ち切られてしまうのには理由があり、一つの理由が大きな理由の可能性や、複数の理由が積み重なって起こる場合も有ります。

打ち切りにならないように治療を受けたいものですが、一体どんな理由で治療費を打ち切られてしまうのでしょうか。

打ち切り理由①通院回数が少ない

例えば交通事故に遭ってしまった際に、首肩の痛みや頭痛などの症状があるとします。

しかしどんなに痛くて痺れなどがでていても、忙しくてなかなか通院できず、1週間に2回程しか通院しなかったとします。すると保険会社は通院回数が少ないということは「治療はもう必要ないものだ」と判断し、治療の打ち切りを決めるのです。

保険会社は打撲やむち打ち、骨折などの症状によって通院頻度がどのくらいかという想定を今までの経験から判断しています。

つまり過度に通院する必要はありませんが、通院回数が治療打ち切りのひとつの理由になってしまう以上は、しっかりとした通院実績をつくることが必要ということです。

打ち切り理由②現状を維持するための漫然治療

治療方法には様々な種類があり、症状によってももちろん治療方法は異なります。

交通事故によって負ってしまった怪我の中で、その治療の過程に合っていない治療を受け続けることによって現状を維持するための漫然治療とみなされて治療費を打ち切られてしまうことがあります。

同じ種類のビタミン剤を貰い続ける

自分自身が処方された薬は、どのようなものなのかしっかり把握しておく必要があります。どの部位をどう治療するかを把握することが大事なのです。

湿布薬を貰い続ける

湿布薬を貼っていたことで痛みが緩和されたのか単に時間が経過したことによって痛みが緩和されたのか、なかなか判断しにくいものです。

症状を緩和されるのに必要で湿布薬を処方するのが本来の治療ですが、ただ単に貰えるものは貰っておこうという認識で湿布薬を貰い続けることは、賠償問題を不利に運ぶこともあるので、しっかり相談してもらうようにしましょう。

長期間頚椎カラーを装着し続けたままにする

交通事故によってむち打ちになってしまったときには、頚椎カラーの装着をすることがあります。頚椎カラーの装着はむち打ちの初期段階に非常に有効です。

しかし長期間に渡る使用は、頚椎を動かさなくなるので筋肉を衰えさせてしまうことがあり、それによって首が良くならないのではないかと保険会社が主張してくる可能性があるのです。

自分自身の状態にはどのくらいの装着期間が適切なのか、しっかり確認しながら治療しましょう。

リハビリの際にマッサージばかり受ける

マッサージは、交通事故によって負った外傷や筋肉など内部のダメージも治った上で行われます。その為、マッサージを行っているということはある程度治療が済んで、症状も固定されているのではないかという判断になるのです。

週に3~4回通院をしていても、治療が毎回リハビリのみでマッサージだけという場合には特に注意しましょう。

 

このように知らず知らずに受けている治療が、打ち切りの判断材料になってしまうことがあるのです。

内服薬や湿布薬の効能をしっかり確認し、頚椎カラーの装着期間などもしっかり把握しておくことで保険会社から漫然治療と判断されないように対策をとることができます。

打ち切り理由③保険会社に感情的になってしまう

保険会社は加害者の代わりになって被害者とコンタクトを取ります。加害者の代わりになって被害者の補償を行うのです。

冷静に考えれば、加害者本人が事故を起こしたのであって保険会社は加害者ではないことが分かります。しかし実際に交通事故に遭ってしまうと、慣れない状態なので心の余裕がなくなったり焦ったりすることで、保険会社の担当者にきつく当たってしまうことがあります。

保険会社は今までの経験上辛く当たられるのは想定しています。しかし事故から時間が経過しても最後まできつく当たってしまう方も中にはいらっしゃいます。

すると早々に治療を打ち切られてしまうことや、示談金まで削られてしまい損してしまうことがあるのであくまでも保険会社は代理人で、保険のプロだということを忘れないようにしましょう。

更に金額を上げてもらおうと、ゴネたりするのも結局は損をすることになりかねないので注意しましょう。

分からないことは整骨院に相談

交通事故は、いつ何時わが身に降りかかってくるかわからないものです。実際に被害に合ってみないと分からないことが沢山あります。

交通事故に遭った際に重要なのは、まずは負ってしまった怪我を治療することです。しかしわからないことだらけのままでは不安で治療に専念できませんよね。

茨城交通事故治療.comでは、交通事故治療について困ったことがあれば相談に乗ってくれます。分からないことや不安なことはまずは交通事故治療のプロに相談して解決に導いてもらいましょう。

そしてあお整骨院では、交通事故案件に強い弁護士や行政書士の紹介も行っています。保険会社との交渉が難航した場合には、一度あお整骨院へ相談してみてはいかがでしょうか。

交通事故に遭ってしまった後は、精神的にも肉体的にも回復するには時間が掛かることがあります。

なるべく早く元の日常生活に早く戻れるように、プロの手を借りて治療に専念できる環境を整えましょう。