身体Junction ~からだジャンクション~

交通事故で怪我をした時はどうすればいい?

交通事故によって怪我をした場合、突然の出来事にどのように治療を受ければあたふたしてしまう人も多いかと思います。

そこで今回は、交通事故による怪我の治療方法について解説していきます。

病院でどの科を受診すればいいの?

交通事故によって外傷があったり、骨折などが疑われる場合、まずは救急車で搬送され治療を受けることになりますが、それ以外の場合はどの科で治療を受ければ良いのでしょうか。

例えばむち打ち追うのような症状がある場合は整形外科を受診するようにしましょう。
むち打ちであれば整骨院や接骨院に通うことを考える人も居るかと思いますが、まずは医師のいる整形外科に行った方が良いです。

その場で痛みのない負傷もあります

交通事故直後は、加害者も被害者も興奮状態です。

警察や救急車が駆けつけて当事者同士でどちらが悪いかなど言い争っているうちは、アドレナリンが出てるので痛みを感じないといった場合も多いです。

また、むち打ちなどの交通事故特有の負傷の場合、事故後、何日か経ってから痛みが出るといったこともあるので、精密検査などを受けることをおすすめします。
治療費や検査費用は加害者の方に請求することが可能ですので、領収書を取っておくようにしましょう。

医師の診断を最初に受けることが重要

救急車で運ばれるような負傷をしておらず、特に身体に痛みや違和感がない場合でも、必ず当日のうちに医師の診察を受けておくようにしましょう。

交通事故の場合、損害賠償請求を行うケースがほとんどです。
この損害賠償請求を行うには医師の診断書が必要となります。また、後遺障害と認定されるためには、事故直後の様子が記録として残っていることが必要になるので医療機関のデータが必要となります。

事故後すぐに診断を受けなかった場合、軽い損傷が事故によるものなのかどうか判断しづらくなるので、なるべく早めに受診するようにしましょう。

また、事故現場に来た警察にも事故状況を説明し、人身事故であることなどを伝えておくようにしましょう。
その場で人身事故であることを伝えず、診察も受けなかった場合は物損事故として処理されてしまい、その後加害者から治療費などの支払いを受けることが出来なくなってしまいます。

整骨院と接骨院どちらに行けばいいの?

医師に診断してもらった後、整骨院や接骨院で治療してもらう方も多いのではないでしょうか。

むち打ちなどの症状で痛みやしびれが残ったケースでは、整骨院や接骨院で治療することも可能です。
ただ、整骨院や接骨院に通う際には注意点がいくつかあります。

整骨院の先生は「医師」ではなく「柔道整復師」

もっとも重要なポイントとしては、整骨院や接骨院の先生は「医師」ではないということです。

これらの先生は「柔道整復師」という国家資格を持った人で、医師のような治療は行えないということを覚えておきましょう。
整骨院や接骨院で可能なのは症状の緩和改善のサポートのみです。

整骨院や接骨院へ通う条件

事故後の治療を継続してもなかなか治らない場合や、慢性的な痛みになったら整骨院に通った方がいい場合もあります。
ただし、整骨院へ通う際は医師の許可を取るようにしましょう。

許可なく通院してしまうと医師との関係性が悪くなってしまうことがあり、後遺障害に必要な書類などを書いてもらうことが難しくなってしまうなどの弊害が起こるかもしれません。
また、整骨院への通院が不要だと判断されているまま通院をしてしまうと、保険会社から治療費の支払いを受けられなくなる可能性もあります。

整形外科で「後遺障害診断書」をもらおう

整骨院や接骨院ではむち打ちに特化しているところや、交通事故による怪我を専門に受け入れているところがあります。
健康保険の利用も可能となっているので、フレキシブルに対応してくれるところも多いようです。

利便性を考えると、整形外科で診療を受けてから整骨院で治療を続けることが良いかと思いますが、注意点が1つあります。

「後遺障害診断書」は整形外科でのみ作成できる

交通事故による怪我の治療の段階では整形外科でも整骨院でもさほど大きな差はありませんが、怪我の治療が長引き、後遺障害の認定を行うとなると整形外科での診断が必要不可欠となります。

後遺障害の認定に必要な後遺障害診断書は医師でないと作成ができないので、整形外科の診療を受けるようにしましょう。
後遺障害診断書がなければ、申請が行えず加害者との慰謝料などの示談交渉が難しくなり、損害賠償金が受け取れなくなる可能性があります。

整骨院・接骨院に理解のある整形外科を受診すると良いでしょう

例えば後遺障害が残りそうな怪我を負ってしまったとしても、仕事の都合で土日しか通院できないため整骨院へ通いたいと考えている人もいらっしゃるかと思います。
その場合、整形外科で医師に相談し、整骨院へ通う必要性があるかどうか診断してもらうようにしましょう。

整骨院へ通う記録が整形外科に残っていれば、後遺障害診断書を書いてもらいやすくなりますし、保険会社にも通院費や医療費を請求しやすくなります。

後のトラブルを回避するためにも、保険会社に整骨院へ通う旨を伝えておくといった対応もしておくと良いでしょう。

困ったときはプロに相談しよう

茨城交通事故治療.comでは、交通事故治療で困ったことがあれば何でも相談に乗ってくれます。
交通事故に遭った際は、一人だと不安なことがたくさんあると思いますので、交通事故治療のプロに相談して解決に導いてもらいましょう。

そして、あお整骨院では交通事故によるケガで最も多いむち打ちをしっかり治療してくれます。
むち打ちは、早期から適切な治療を始めないと後遺症になる場合もあります。

また、電気やマッサージでしっかり治療し、運動トレーニングによるリハビリで体の動きや感覚を正常な状態に戻していってくれます。
ですから、交通事故でのケガからスムーズに日常生活に戻してくれるのです。

さらにあお整骨院では、交通事故案件に強い弁護士や行政書士の紹介もしてくれます。
交通事故の慰謝料や治療費で悩んでいる方は、一度あお整骨院へ相談してみてはいかがでしょうか?

ストレスのない生活を送るためにも、困ったことを抱えずにプロにお任せして解決しましょう。