身体Junction ~からだジャンクション~

辛い肩こりの症状に…肩こりを緩和するケア法まとめ

慢性的な肩こりの症状にお悩みの方はかなり多いでしょう。

ここでは、肩こりの症状を和らげるケアや整骨院での治療法などをご紹介していきます。肩こりでお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

肩こりの原因とは?

肩こりは、さまざまな原因によって引き起こされます。考えられる原因についてご紹介します。

筋肉疲労

肩こりは毎日の筋肉疲労からきていると言われています。重い頭を乗せて毎日生活しているので、肩は思っている以上に疲れが溜まり、筋肉が凝り固まっているのです

冷え

冷えやすい季節は、肩こりが起こりやすいです。冷え性は血流やリンパの流れが悪くなり、筋肉がカチコチに固まってしまうのです。すると、肩こりが引き起こされます。

目の疲れ

首から肩にかけての筋肉のこりは、目の疲れからくることも多いのです。パソコンでの仕事や長時間のスマホの使用など、どれも目を疲れさせる行為です。毎日パソコンやスマホで目を酷使していると、肩はどんどん凝り固まってしまいます。

猫背や悪い姿勢

猫背や良くない姿勢をとり続けていると、肩が前に丸くなり、顎先は前に突き出た状態になってしまいます。このような姿勢を続けていると、肩周辺の筋肉を常に緊張させてしまうのです

スマホの操作をしているときに、こんな姿勢になっていませんか?肩こりや首のこりの原因になるので要注意です。

ストレス

毎日ストレスを溜め込んでいる方は注意が必要です。知らず知らずの内に筋肉が緊張状態になり、肩の筋肉がこわばり、肩こりの原因になっている可能性があります。

肩こりを放置していると…

このような原因から起こる肩こりを放置していると、以下のような症状が起こる可能性があります。

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 自律神経の乱れ
  • 集中力の低下
  • 判断力が無くなる
  • イライラや不安感の原因になる
  • 不眠の原因になる
  • 体のひどい疲れ

肩こりを治す方法

では、肩こりを治すにはどうすれば良いのでしょうか。ここからは、自宅で出来る肩こり解消法についてご紹介します。

肩こり解消体操

肩こり解消体操では、収縮した筋肉を自分で伸ばしていきます。この体操は、両腕合わせても2分程度でできてしまいます。ぜひ、実践してみてください。

  1. 右腕を曲げて頭の後ろ側へまわします。
  2. 左腕を曲げて腰の後ろへまわします。
  3. 後ろから見たとときに、反時計回りになるように肩甲骨をゆっくり動かしていきましょう。このときに、肘を直角に曲げ、指先が引っ張られているようなイメージで両腕を動かしてください。
  4. 腕の動きを止め、約10秒間キープします。無理のない範囲で大丈夫です。
  5. 少しリラックスしたら、腕の位置を反対にして同じように動かします。

この体操のポイントは、腕の肩甲骨をしっかり動かすことです。両腕を各10秒ずつ、5回を1セットで1日3回行いましょう。座ったままでもできる体操なので、気になった時に行っても良いですね。

肩回りのストレッチ

続いてご紹介するのは、肩回りに効果的なストレッチです。肩を思い切り動かして肩の筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。

  1. 四つん這いになって手を水平に伸ばします。片手は床につけたままです。
  2. できるだけ遠くを雑巾がけするようなイメージで、腕をゆくり後ろに回します。後ろまできたら、前に腕を戻します。
  3. これを左右各5かいずつ行いましょう。

※できるだけ遠くに手を広げることがポイントです。

肩こりを防ぐには?

肩の不動化を避ける

肩こりを未然に防ぐには、肩の不動化を避けることです。

パソコンやスマホの長時間の使用は、長時間同じ姿勢になるので、筋肉にとってかなりの負担になります。また、筋肉がずっと緊張している状態が続くので、血行障害を招きやすいのです。すると、乳酸やリン酸などの疲労物質がどんどんため込まれ、肩こりが起こります。

同じ姿勢を30分以上続けるのは肩こりになる恐れがあります。デスクワークの人も、30分に1回は作業をストップし、姿勢を正し、緊張した筋肉をほぐしましょう。

運動の習慣を身に付ける

更年期の肩こりは、運動不足が原因になっていることもあります。運動不足になると、血行不良や筋力の低下につながり、肩こりが引き起こされるのです。

ウォーキングや水泳などの有酸素運動が手軽で最も効果的です。軽い運動で汗をかくことで、血行促進や筋力アップに加え、自律神経の乱れも正常にしてくれます。また、運動による適度な疲れが、夜眠りやすくしてくれるでしょう。軽い運動は、肩こりの予防だけでなく、更年期の症状まで緩和してくれます。

ストレスを溜め込まない

肩こりの原因のひとつはストレスでもあるとご紹介したように、ストレスを溜め込まないことが肩こりの予防につながります。

ストレスを感じると、交感神経が過度に刺激されてしまい、筋肉が緊張し、血行障害が起こりやすくなります。すると、冷え性やむくみ、そして肩こりが起こりやすくなるのです。また、ストレスは人の気持ちを暗くさせ、落ち込ませてしまいます。すると、人は自然と前かがみになるので、余計肩こりを誘発させてしまうのです。

肩こりの症状がひどくなると、不眠や集中力の低下、抗うつ状態などになってしまう可能性もあります。肩こりを防ぐためにも、ストレスを溜め込まないことが大切です。

肩こりが治らない場合は整骨院で治療しよう

肩こりがなかなか改善されない場合は、整骨院での治療が効果的です。

あお整骨院では、さまざまな肩こり治療を行っています。AKA関節調節療法では、腰・肩・手足など、様々な部位にある関節の動きを滑らかにすることで、筋肉の痛みを取り除いていきます。筋肉への負担も減るため、特に慢性的な症状に効果的です。

高周波治療では、電気の力で筋肉をほぐし、痛みや違和感を和らげます。筋肉の張りが原因となっている様々な症状に効果的です。

そして、超短波温熱療法も肩こりに効果的です。波長の短い波は、身体の深部にまで伝わるという性質を持つため、身体の芯から血流を改善し温めていくことができます。また、交感神経の緊張緩和も期待できます。ほかにも、その人の体や症状に合った治療をしていくので、慢性的な症状でお悩みの方にもおすすめです。

なかなか治らない肩こりを早く治したい場合は、一度整骨院で診てもらうと良いでしょう。