身体Junction ~からだジャンクション~

自由診療と保険治療の違いって?整骨院を行くときに気を付けたい保険の注意点はこれ

保険のことって良く分からない・・・

皆さんは整骨院や病院に行く際に保険を使いますよね。治療内容や治療方法、使用する材料等によって、健康保険が適用される「保険診療」と適用されない「自由診療」とがあるのはご存じでしょうか。
「保険治療」の場合、患者様のご負担は1~3割となりますが、「自由診療」の場合には、全額負担となります。そのような大まかな事は知っていても詳しいことは良く分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は今更誰にも聞けない、自由診療と保険診療の違いと整骨院に行く際の注意点についてお伝えします。

自由診療とは

自由診療とは保険が適用されない診療のことをいいます。厚生労働省が承認していない治療や薬を使用することによって自由診療となり、治療費が3割負担ではなく全額自己負担となります。

自由診療であれば日本で未認可の医薬品や、保険適応疾患以外の医薬品の使用も、可能になるのです。保険診療という枠に縛られない分、患者さまにとって有効な治療が幅広く可能となるので、一人ひとりと対話しながら患者様のからだの状態や悩みを細かく把握し、一人一人の身体に合った根本な治療を行う事が可能です。
例えば身体のバランスを整え長期的な健康を手に入れたり、長年苦しんでいる慢性的な痛みを根本から治す治療や、スポーツ競技パフォーマンスを上げるためのコンディショニングなど、自由診療では幅広い対応が可能になるのです。

整骨院の場合では基本的には打撲・捻挫・脱臼・骨折でなければ保険は利きません。
例えば肩について言えば”肩こり”ではなく、スポーツ中や練習中に捻ってしまった、腰について言えば”腰痛”ではなく、階段を踏み外して落ちてしまい、腰を打ってしまった、というように急性的な症状のものしか保険診療で取り扱いが出来ません。

その他内科疾患・婦人科疾患・病気全般に対して、整体治療や、針などの治療にて治療をする場合、自費診療となります。

自由診療のデメリット

☆保険診療より自己負担が多い
☆鍼灸意外は無資格者でもできるので治療技術や安全面で心配な点がある

自由診療に比べて費用が高くなる分効果的な治療を受けることができるのはメリットでもありデメリットでもありますね。

自由診療の場合無資格者でも行うことができるので必ず柔道整復師の資格のあるスタッフのいる整骨院に相談しましょう。

デメリットは費用が高いことですが保険診療ではできない本当の原因部分に根本的に治療することができるので、怪我や病気など原因を問わず行うことができる自由診療のほうが費用が高いのも納得です。

保険診療とは

images-4

保険診療は保険証を提示することで、1~3割負担のみで治療が受けられるというものです。整骨院は病院ではないので保険証を使える症状や治療法にかなりの制限があります。全てを保険診療で治療できるという認識は誤りですのでご注意ください。

整骨院で保険診療が適応になるのは骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷 の5つの治療です。挫傷(ざしょう)とは筋肉由来によるものですので、肉離れなどが挫傷に分類されます。

一番のメリットはやはり費用が一部負担で済むため経済的な負担が少ない事です。保険診療で出来る治療にはこのように限りはありますが、急な怪我や痛みに対して少ない負担で治療を受けられるのは安心ですよね。

【保険診療に当たらないもの】
☆肩こり・頭痛・疲労・だるさ・耳鳴りなど原因が怪我によるものでない場合
☆病気が原因による症状
☆交通事故の後遺症など、昔からある症状
☆脳疾患の後遺症による慢性的な痛み
☆仕事中や通勤もしくは帰宅途中で発生したケガ

保険診療を受けるには「いつ・どこで・どのようにして・どこを痛めた」ということを患者さん自身が説明できなければいけません。例えば、野球の練習中に転んで足首を捻った、玄関でつまづいて手を突いた時に手首を痛めたなどの理由が必要になります。

【保険治療でできる事】
☆温熱療法
☆電気治療(低周波や超音波などのマシーン)
☆湿布や軟膏・塗り薬などによる処置
☆テーピング
☆5分程度の軽いマッサージ

保険診療のデメリット

保険診療は1回あたりの治療が限られているため効果が低い可能性が有ります。他にも保険診療では以下のようなデメリットが考えられます。

☆予防のためのメンテナンス目的の治療はできない
☆ケガのみが対象なので肩こりや内臓疾患などケガではない症状には適用できない
☆痛いところしか治療できない健康保険組合の取り決めがある
☆痛みを根本から治療する方法がわかっていても、その治療を行うことはできない
☆最大3か所までしか対応することができない
☆治療範囲が非常に狭いため、根本的な治療をすることができない

このように保険治療では制約が多いため最低限の治療になります。

整骨院に行くときは・・・

l_006

このように診療にも費用や内容の違う自由診療と保険診療があります。

あらかじめ自費診療のみを希望される場合や、保険診療+自費診療を希望される場合、施術者側が保険診療+延長を必要と判断する場合などさまざまな状況が考えられます。患者さま納得のいく施術を行っているかどうかが重要になります。

保険診療に加えて健康保険のきかない自費治療をプラスで行う場合にはしっかりと技術のある国家資格有資格である柔道整復師の資格を持っているスタッフが在籍しているか確認しましょう。

自由診療は一人ひとりにマンツ-マンで時間をかけて丁寧に治療することができます。保険診療のような細かいルールがありませんので、患者さまにとってベストな治療を行うことができます。

保険診療ではできることが限られています。自由診療では治療費の心配ももちろんですが技術が大事です。安心の自由診療を行っているかどうかをしっかり確認しましょう。

身体の不調があれば信頼できる技術の整骨院に相談しましょう。

茨城県にあるあお整骨院では患者さま一人ひとりに合わせた診療方法で身体のお悩みに答えます。

診療費が気になる方は自分の症状には治療にどのくらい掛かるのか事前に確認するのも良いかと思います。

自由診療や保険診療など自分だけではわからない難しい保険のことも気軽に相談しましょう。