身体Junction ~からだジャンクション~

肩こりに悩まされている方必見!肩こりと身体の歪みの関係を知ろう

肩こりは現代人の大きな悩み

近年ではデスクワークやパソコンと向き合う時間が長くなっていることから、全く肩こりに悩まされていないという方を探すのが難しいくらいに多くの方が肩こりに悩まされています。

仕事に使うパソコンもそうですがプライベートな時間にもスマートフォンを使用していることが多い方など生活スタイルによっても肩こりの度合いは違いますが、肩が重いなど何かしらの症状が出ている方がほとんどではないでしょうか。

肩こりはストレスなどの精神面の影響によっても症状が現れることもありますが、身体が歪んでいたりすると肩こりの原因にもなりますので普段から猫背に悩んでいる方は肩こりになりやすい可能性があります。

知らず知らずのうちに身体は歪んでいて正しい姿勢を取ることが出来ていない方も多くいらっしゃいますのでこの機会にご自身の身体の歪みがないか見直してみましょう。

肩こりの原因はさまざま

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb4215

肩こりは生活習慣からなるものもあれば精神的なものからくるものもあります。

何らかの原因で自律神経や運動神経などの身体の機能面に問題があり肩こりに直結することもあります。

肩こりの原因で一番多いのは筋肉のバランスや骨格や姿勢、身体の動かし方など身体の構造上で問題があることと言われています。

ストレスやメンタル面からくる肩こりであれば自覚しやすいかと思いますが、身体の作りのことは難しく、正しい身体の使い方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

肩こりになる原因はさまざまですので、肩こりに長年悩まされている方も、最近肩がこりやすくなったように感じるという方も、自分自身の肩こりの根本的な原因は何なのかを明確にすることが肩こり改善の近道なのです。

”姿勢の崩れ”が身体の負担に・・・

人間は直立二足歩行ですので、腕が肩からぶら下がるようになり、首や肩に大きな負担が掛かるようになりました。そもそも4足歩行をしていた祖先は関節自体が4足歩行に適した構造をしており鎖骨もありませんでした。そのため肩も発達していなかったのです。

直立二足歩行の私たちは地球の重力によって、身体が常に垂直に引っ張られています。立っている状態のときの良い姿勢というのは重力が頭から足まで直線上に掛かった状態のことを言います。

背中の筋肉を使うことによって重力が掛かって前かがみになるのに対抗できている状態が理想なのです。

しかし背中の筋肉がうまく働かず前かがみになってしまう姿勢で重力に引っ張られ続けると無理な方向に重力がかかり猫背のように身体が歪んでしまいます。

猫背のように前に身体が歪んでしまうこともありますし、左右の利き手の違いによって左右のバランスが崩れることもあります。例えば荷物を持つのがずっと右肩の場合には右が下がってしまうことがあるのです。

このように身体の歪みが生じると、肩こりだけでなく腰痛や頭痛などが起こる可能性や疲労感を感じやすくなるなど身体に悪影響が起こってしまうのです。

全てではありませんがねこ頭の重さと両腕の重さを肩は支えてくれているのです。

また、姿勢が歪むと肩だけでなく骨盤や背骨にも負担が掛かります。身体の歪みをそのままにしていると腰痛を悪化させ、椎間板ヘルニアになってしまうこともあります。

体が歪むと骨格だけでなく内臓の位置もずれてしまいます。すると胃腸の調子が悪くなったり、消化器系の病気になる可能性もあるのです。体の歪みを放置してしまうと、肩こりだけでなく深刻な症状に繋がってしまうことがあるのです。

猫背と肩こり

特に注意したいのは猫背です。猫背は肩こりを招きます。

普段は特に頭の重さを意識をしていないので感じにくいものですが、現代ではデスクワークなどで知らず知らずのうちに猫背姿勢でいる時間が長くなっています。猫背でいると頭の重さを感じるようになります。

猫背の状態では首が前に突き出しており、その姿勢を長時間に渡り続けていると重い頭を支えている首に負担が掛かります。すると疲労が溜まりやすくなり、今度は首を支えている方にまで負担が掛かり、肩こりを引き起こしてしまいます。

その時一番負担が掛かりやすい肩の筋肉が僧帽筋です。僧帽筋とは人間の背中の一番表層にある筋肉でそれぞれ上部僧帽筋、中部僧帽筋、下部僧帽筋に分類することができます。英語では台形を意味する言葉に由来していて、首・左右の肩・第十二胸椎を結ぶ四角形から命名されました。

中でも中部僧帽筋は厚く、力も強いので肩甲骨を動かすのに大きな役割を果たしています。この部分が弱くなると肩甲骨が外側に開こうとするので猫背の原因になります。

そして僧帽筋が凝ることで血行が悪くなります。血行が悪くなると老廃物が僧帽筋に蓄積され、更に筋肉は硬直してしまいます。これが繰り返し起こることによって慢性的な肩コリを招きます。

血行不良を改善しよう

身体が歪み血行が悪くなると筋肉が更に硬くなります。

マッサージや入浴をすることによって肩こりや腰痛が少し楽になることはありませんか?

疲労が溜まり疲れて硬くなった筋肉は近くを通っている血管を圧迫してしまい血流を悪くしてしまいます。血流が悪くなると筋肉の中に発生した乳酸なども流れにくくなり筋肉の中に溜まってしまいます。

血液は酸素も運ぶ役割がありますが血流が悪くなることによって筋肉に届く酸素の量も減ってしまいます。すると乳酸がさらに作られてしまい筋肉が硬くなり、ますますこりを感じるようになります。

血液の流れが良くなると肩こりが改善される可能性があるのです。

あお整骨院で姿勢の歪みも治して肩こり改善

あお整骨院での肩こり治療は、ゆがんでいる頚椎を正しい位置にひき戻し、さらに高電圧療法で血流を良くして痛みを緩和しすることが可能です。身体のどんな不調も、根本的な原因を見極めるので、早期治療、再発防止が期待できるでしょう。

自分だけでは分からない身体の歪みは肩こりに限らず腰痛や関節痛など身体の不調に繋がってしまう恐れがあります。

たかが肩こりと放置をせずに必ず早めの治療を心がけましょう。

あお整骨院では一人ひとりの骨格や体型などの細かな差などを見極め、身体の状態に合わせて最適な治療方法で身体のお悩みを解決していきます。

鍼灸治療などの世界保健機構に効果が認められている治療方法もあるので一度専門家に相談しましょう。