身体Junction ~からだジャンクション~

整体師養成学校を選ぶときのポイント

これから整体師を目指す方にとって、どの整体師養成学校を選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は整体師養成学校を選ぶ際の基準・見るポイントについてご紹介します。

スクールを選ぶ基準・ポイント

①整体学校を卒業した人のその後

まずは、実際にスクールを卒業した人が独立開業を成功させているか、ちゃんと収入を得ているかという点をチェックしておきましょう。
成功者が極端に少ないスクールは何かしらの問題を抱えていると考えられます。

一番ありがちなものは講師の質が低く、「技術が未熟で収入を得ることが出来なくなった整体師が、スクールの先生になり指導している」というパターンです。

整体の技術、特に矯正系の技術は特殊であり高度なスキルです。
成功実績のない整体師の方に教わっても意味はなく、まともなスキルも身につかないことが多いです。

②アウトプットする機会がない

また、卒業後、学んだ知識やスキルをアウトプットする機会があるかどうかは、最も重要なポイントだと言えます。
せっかく勉強した知識やスキルも、アウトプットをしなければ実践で活きることはなく、自分のモノにすることは出来ません。

そのため色々な治療院関連と提携しているようなスクールを選ぶと良いでしょう。

③開業支援制度が整っていない

加えて、開業支援制度がまったく整っていないスクールもおすすめできません。

知識やスキルをそれなりに学ぶことは出来ても、実際に独立をするとなった時に経営手法など、すべて自分で学ぶことは難しいです。
確かに独立の成功は自分の力で決まるものですが、良いスクールは、ある程度のマーケティング戦略なども学ぶことが出来ます。

  1. 小予算で新規集客をするための方法
  2. 圧倒的にリピート化を図るための仕組みをつくる方法
  3. 一人当たりの顧客単価を引き上げるための仕組みづくりの方法

など、経営に関する授業やコースがある学校とない学校では、独立後の経営に大きな差が生じます。

いくら優秀なスキルを持っていても、それをお客さんに知ってもらえなければ収益にはなりませんし、リピート客なども増えません。

開業1年で運転資金が底をつき店舗を閉めることになった方も多くいます。
安定した経営基盤を作るためにも、しっかり経営について学んでおきましょう。

④何年制のスクールか

最低でも1年、できれば2年制以上のスクールを選ぶようにしましょう。

2年制以上のスクールであれば、大体は付属の整体院を持っていることが一般的なので、そこのスタッフとして働くことが出来れば、スクールで学んだ知識やスキルもすぐに実践できますし、実際の患者さんの悩みやニーズを知ることも可能です。

⑤学校の教育方針、授業内容がしっかりしているか

講師のクオリティなどと同じで、授業内容の質や教育方針も重要になってきます。

整体は主に筋肉をほぐす整体と矯正系の整体とに分かれています。
先述した通り、矯正系の整体は特殊な知識・スキルが必要になるため、きちんとした講師に学ぶ必要があります。

その他にも鍼・灸・あん摩マッサージ、理学療法士、リラクゼーションサロンマッサージセラピスト、カイロプラクター、リンパマッサージセラピストなどもあり、どのような内容を学べるかもチェックしておくようにしましょう。

また、知識だけでなくアウトプットする機会があるかどうかなども教育方針によって変わってくるので、どのような教育方針で行っているのかが重要になります。

⑥通うのに無理のない場所にあるか

スクールは毎日通うことになるので、通学に無理のない範囲かどうかも大切です。

せっかく入学したのに、「働きながら通うには遠すぎて難しい」「交通機関のアクセスが悪くて授業に間に合わない」などの立地条件

通信教育を選んだ場合は、スクーリングの時に無理なく通えるかどうかをチェックするようにしましょう。

⑦資格を取るまでにどれくらいの期間と費用がかかるのか

入学金、施設費や資格を取る時にかかる費用、卒業してからも団体賠償保険料や登録料がかかるスクールもあります。
トータルでいくら費用がかかるのかもチェックしておくようにしましょう。

費用は高すぎても安すぎてもいいものではありません。

費用の高さ、安さには「生徒が集まらないから高くしている」か「生徒が集まらないから安くしている」といった背景があると考えられます。

なので、スクールを選ぶ際は何個か比較し相場観を見ることが大切になります。

⑧付属治療院で治療を体験してみる

スクールの体験授業を受ける前に、付属の治療院で施術を体験してみるのもおすすめのチェック方法です。

実際に患者として施術を受けてみると見えてくるものがあります。

  1. カルテに基づいた治療がされているか
  2. 安心、安全にこだわっているか
  3. 理論的に施術を行っているか
  4. 清潔な治療院であるかどうか
  5. 接客対応ができているかどうか

以上のようなポイントに注目してみるといいでしょう。

⑨身だしなみ・話し方・態度に関する授業、コースがあるかどうか

今はリラクゼーションサロンを含め整体を取り扱う店舗がとても増えています。
整体の知識やスキル、経営の手法などはもちろんのこと、清潔感や第一印象の良さも集客に影響してくるため、身だしなみや接客に関する授業があることが好ましいです。

  1. ひと目でお客さんに好印象を持たれる身だしなみや笑顔の作り方
  2. お客さんが不快にならない接客の方法
  3. 短期間でお客さんに信頼される話し方

などのカリキュラムが準備されていれば問題ないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回はスクールを選ぶ基準・ポイントについてご紹介しました。

まずは色々なスクールの資料やパンフレットをたくさん取り寄せてみて、各スクールの特徴を把握しておくといいでしょう。

そして最終的には、狙っているスクールに直接足を運び実際の雰囲気なども確認しておくことがベストです。
最近では無料体験や無料説明会、直営の店舗に施術を受けるなどの方法もあるので、直接足を運んで、自分の目で講師の質をチェックしておくことや成功者の実例などの質問をするのも良いかと思います。

将来の独立の一歩としてスクール選びはとても重要なことになります。

株式会社プロキュア・ジャパンでは、他の治療家との情報交換が出来る治療家専門SNSを立ち上げています。
就職についての情報交換の他にも、実際に柔道整復師として働き始めてからの悩みや、独立した時の経営に関する悩みも相談できるので、これから開業を考えている人にもぴったりのサイトです

妥協せず、納得のいくスクールを選んでくださいね。