身体Junction ~からだジャンクション~

整骨院のHP制作で注意しておくべきポイント10選

お客さんが集まるHPを作るためにはどうしたらいいの?

フリー写真 ノートパソコンで仕事中のビジネスマンの手

お客様に知ってもらうためにも、ホームページは重要な窓口となります。施設を探す際にはインターネットを利用する人が多く、「病院検索サイト」が存在するほどです。しかし、いざ作るとなっても、どこに気を付ければ良いのか分からないことが多いと思います。

ここでは、整骨院のホームページを作る際に気を付けたい点について10個紹介していきます。ホームページ制作でお悩みの方は、読んでおくことで何かヒントになるかもしれません。

①デザインはしっかりしているか

ページをクリックした際にまず最初に目に飛び込んでくるのは、ホームページ全体のデザインです。人は80%程度視覚から情報を得ていると言われているように、第一印象であるデザインがしっかりしていなければ、いくらSEOの対策をしっかりしていても意味がありません。それどころか内容を見てもらえない可能性さえあります。

そのため、制作会社に依頼する際は、客層に合わせたデザインをしてもらえるように、きちんとイメージを伝えるようにしましょう。

また、ご自身で制作する際は、他の整骨院のホームページを参考にするとスムーズに制作できます。どのような印象を持ってもらいたいか(信頼、清潔感など…)を決めてから取り掛かるようにすると良いでしょう。

②SEO対策をきちんとしているか

どんなに良いホームページを作ったとしても、すぐに集客をすることは出来ません。沢山の人にページ訪問してもらうためには、検索で上位に表示される必要があり、そのためには時間を要するからです。

まず、集客をする際の方法として、YahooやGoogleに広告を出す、SNSを利用して宣伝する、検索で上位に来るようにするなど様々な方法があります。

すでにTwitterなどのアカウントを持っている際はSNSでの宣伝も可能ですが、やはり多くの人に見てもらうためには検索で上位表示されるようにすることが最も有効であると言えます。検索順位が上がれば、自然検索による訪問が増え、多くのユーザーに認知してもらえるからです。

そのために必要なのは「SEO対策」です。よく検索されるキーワードとして「地域名 業種」または「地域名 症状」が挙げられます。「新宿 整骨院」や「足立区 肩こり」などがその例です。

自院の強みを考慮しながら、どのようなキーワードで検索上位にしていくかを考えると良いでしょう。また、そのようにSEO対策を行った上で、SNSなどで拡散していくとさらに集客を見込める可能性もあります。

③強みをアピールできているか

先程のSEO対策にも関係していますが、強みをアピールすることはホームページ制作をする上で重要です。強みがきちんと分かっていれば、ホームページの内容にも統一感が出ますし、他院との差異を示すことができます。

どのような点を一番アピールしたいのかを意識して制作に取り組むと、より効率的に進められるでしょう。

④メニューをきちんと設置しているか

そもそも利用者の方が医院を探すために検索をかけるのは、どこか治したい部分があるからです。しかしホームページにたどり着いても、どのような症状に対応しているのかが分かりやすい位置に記載されていなければ、問い合わせにつながりにくくなってしまいます。

そのため、「腰痛」「肩こり」など患者さんの症状別・欲求別のメニューがあるかどうかというのは非常に重要なポイントとなります。関係のない情報、簡潔すぎる説明を求めている人はほとんどいないので、一気に並べるのではなく、きちんと症状別に1ページずつ作っていくことが大切です。

⑤アクセス・連絡先が分かりやすいか

フリー写真 ポケモンGOでポケモンを探す女性

せっかくホームページを見てもらっても、問い合わせ先や行き方が分かりやすい位置に記載していなければ、実際の店舗への訪問者数を増やすチャンスを逃してしまうかもしれません。Google mapを載せる、実際に最寄りの駅からの道順の写真を掲載するなどすると、自身で検索する経路を手間も省けるため、実際に訪問することを意識した利用者にとってのストレスが少なくなります。

専用のページを作るのはもちろんのこと、一番目に入りやすいホームページの上部やそれぞれのページの一番下に番号を記載しておくと良いでしょう。ホームページの内容に興味を持った方がそのまま連絡しやすいので、効果的と言えます。

⑥写真を掲載しているか

自分の体を治してもらうのですから、どのようなスタッフの方がいるのか、というのは非常に気になります。特に施術中の写真は、これから来店する方の不安を軽減するために効果的です。また、笑顔の写真を使用すると印象がさらに良くなるでしょう。

⑦来店時のイメージが湧きやすいか

⑥とつながる部分もありますが、「どのようなスペースで施術してもらえるのか?」というのも気になる点の1つです。どのような場所であれ、初めて行く所に対しては、不安はつきものとなります。そのため、外観や受付、実際の施術シーンの写真を掲載すると良いでしょう。他にも、実際に利用したお客様の写真や感想があれば、より良いのではないでしょうか。

丁寧な印象を与えるだけでなく、当日の流れもスムーズにいくかもしれないので、イメージの湧きやすい写真の掲載は欠かせません。

⑧信頼できるような内容になっているか

68%もの人がインターネット上の消費者レビューを信頼するとのデータがあります。家族や友人など、身近な人の評価はもちろんのこと、実際の利用者の声であればきちんとした判断材料になるのです。そのため、お客様からのレビューはお店の情報よりも、信頼される傾向にあると言えます。実際に施術を受けた方にアンケートを記入してもらう、あるいはネット上の口コミを自身のホームページに掲載するなどすると、安心感を与えると同時に信頼性を高めることができるかもしれません。

⑨月々の製作費は適格か

これは制作会社にホームページ制作を依頼する場合ですが、制作費用の他にも月々の費用がかかる場合があるので、総額がどのくらいになるのかはきちんと確認しましょう。場合によっては、費用が抑えめな代わりに3年間契約などの条件がある場合もあるので、外部に依頼する際は、制作費用の他にもかかる月々の費用を考慮した上で問い合わせをすると良いかもしれません。

⑩制作の実績はきちんとしているか

制作会社に依頼する際は、制作実績のページを確認するようにしましょう。その会社の手がけてきたページのデザインが、自分のイメージに近いものであるか、内容はきちんとしているか、どのくらいの実績があるのかなどをきちんと確かめたうえで依頼をするようにしましょう。

利用者目線で作ることが大切!

ご自身で制作する際も、外部に依頼する際も、利用者が何を求めてホームぺージを訪問するかを考えながら作ることが大切です。

ホームページ制作に取り組む際は、以上の点を考慮すると良いでしょう。