身体Junction ~からだジャンクション~

”頼れる治療家が欲しい!”そんな時は人材派遣を利用してみましょう

「優秀な人材が欲しい」悩みは尽きません…。

治療院業界でもホームページ関連会社や人材仲介業者が増えてきました。そこでよく聞くのが「求人広告を出しても、応募が無い」「優秀な人材が来ない」といった悩み。

 

治療院業界は他業種に押比べると、優秀な人材を確保することは困難。

院を経営されている方おういならば困難であることがよく分かるのではないでしょうか。そこで少しでも高確率で優秀な人材を獲得するための方法をまとめてみました!

 

そもそも治療院にはどんな人材が必要??

170960-e1467431950534

治療院と一口に言っても整骨院や鍼灸院など様々な種類がありますよね。今必要としている人材について再度おさらいしておきましょう。

柔道整復師

厚生労働大臣免許で、国家資格の一つ。柔術を起源とする治療法を用いて、人間本来の自然治癒力を生かし、手術や薬を使わずに手技などで治療します。テーピング・包帯・湿布等を使って治すこともあれば、脱臼・骨折などの応急手当も行う為、技術力を要する専門家です。
主に「整骨院」「接骨院」「整形外科」などが就職先で、最近では「福祉分野」や「スポーツ分野」でも活躍できる為、年齢層も幅広く、男女ともに手に職をつけたい方に人気の資格です。

鍼灸師

柔道整復師と同様に、厚生労働大臣免許で国家資格の一つです。針による刺激や、灸による温熱で、全身に存在する経穴と呼ばれるツボを刺激する治療法で病気などを治す専門家。医師を除く鍼灸治療を扱えるのは「はり師」「きゅう師」の国家資格所得者のみです。
主に「鍼灸院」「鍼灸整骨院」などが就職先で、近年ではスポーツ選手の治療にも取り入れられている為、「スポーツ分野」でも活躍しています。

あん摩マッサージ指圧師

こちらも厚生労働大臣免許で国家資格の一つ。基本的に器具は使わず、服の上から手や指などによる刺激(押す、揉む、さする、叩くなど)を与え、血行の流れをよくし、それによって起こる生体反応から治療効果をだす専門家。
主に「治療院」「マッサージ店」、「病院」「スポーツ分野」などが就職先で、最近では介護分野で活躍できる「機能訓練指導員」で勤めるケースも増えています。

「優秀な人材」とはどんな人材か?

優秀な人材が欲しい!と考える人は多いですよね。しかし、そもそも優秀な人材とはどんな人なのでしょうか。

■理解力が高い(地頭が良い)

■柔軟性がある

■従順性がある

これらに当てはまるような人であれば優秀でしょうか。一度教えれば理解して実践でき、マニュアル外のことが発生しても対応できて、経営者の指示に対しては反論しないような人が居れば非常に幸運ですが、このような人に巡り合う確率はとても少ないです。

 

しかしこのように優秀な人材であると経営者の能力を圧倒的に従業員が超えてしまい、結果的に短期間で退職なんてことも考えられます。このタイプの退職は本当によくあるものです。

優秀な人材が来ないという経営者は、本当に優秀な人材を望んでいるのか一度考えてみる必要もあります。優秀な人材にこだわるのではなく、自院に必要なタイプの人材をそろえるということはが望ましいのかもしれませんね。

 

「優秀な人材が欲しい」なら整えるべきは”待遇”と”労働環境”

160926_recruit

せっかく求人広告を出して採用したのにいい人が来なかったり、すぐに辞めてしまうと悩んでいる人が多いです。優秀な人材が応募してくれて、長く働いてもらうには”待遇””労働環境”を今すぐ整える必要があります!

 

人材会に出ている求人票を見てみても、営業時間だけで法定労働時間を超えていたり、雇用保険を加入させていなかったりというような求人票を見かけます。今では福利厚生完備がスタンダードになりつつあるので、そのような求人票にまともな人は応募してきません。

「低賃金でも長時間労働を受け入れてくれるような優秀な人材」、そんな都合のいい人材はいません。

優秀な人材が欲しいならば労務環境や待遇改善に力を入れ、能力に見合った報酬と力を発揮させる環境があれば何も問題はありません。結局は経営者の考え次第ですね。

 

優秀な人材の力を発揮させるには?

優秀な人材を採用できたことがゴールではありません。せっかく採用した人材なので力を思う存分発揮してもらい院の繁栄に貢献してもらいたいですよね。そこで、苦労して獲得した人材を活かすための秘訣を押さえておきましょう。

秘訣はズバリ、下剋上!

下剋上とは簡単に言うと、能力に合わせて評価し年功序列や在籍年数は一切関係ないということ。しかし下剋上をする際は注意点を1つあります。それは誰が見ても能力の差が分かるようにするということ

誰が見ても新しい人材が優秀にもかかわらず、上のポジションの人が不満で辞めるのであればそんな人材はやめてもらいましょう。

こういった人材は、下剋上が起きそうになると他の従業員から経営者に伝わるように退職をチラつかせ経営者を脅してきます。周りの従業員も見ているので、こういう時こそ毅然とした態度で淡々と下剋上を行いましょう。

ご機嫌取りがうまい人だけ良い待遇を受けている…なんてことが結構ありえますが、それでは人材をきちんと評価することができませんよね。その人の能力に見合った評価が出来る、風通しの良い職場環境を作るように努めましょう。

 

「人材派遣」で優秀な人材を集めよう

もともと鍼灸、マッサージ、柔道整復師の有資格者は一般の業種より求職者の絶対数が少なめです。これに対して整骨院の店舗数や、鍼灸マッサージの往診事業は増加しています。よって求職者が分散し極端に少ない応募傾向にあります。

 

言い換えると、求職者が働く院を選び放題の状態であるため、人気のある業態に求職者が集まり人気のない業態に応募が少ないとも言えます。整骨院は柔道整復師が必ず1人はいないと開設できませんから、柔道整復師の採用が必須になります。また、在宅針灸、マッサージなども同様に施術するスタッフは資格を持っていないと保険請求が出来ません。

ただ求人情報を掲載するだけでは人材不足を埋めることが出来ないことがほとんど!

その状況ををうまく掴み、人材を紹介することで速やかな人材の補充を可能としているのが人材紹介です。エージェントがある程度、自院に必要な人材像を把握し選んでくれるのでイメージと違う求職者が応募することが少なくなったり、人材を確保しやすいので、現在では人材紹介を頼む整骨院も増えています。