身体Junction ~からだジャンクション~

治療家の免許と資格について

手に職をつけたいと考えている方の中には、整骨院や整体院、鍼灸院などで働きたいと思う方も少なくないでしょう。

そこで、そのような治療家を目指すために必要な資格や免許についてご紹介します。「治療家になりたいと漠然と考えているけれど、何をしたらよいのかわからない」という方は、是非参考にしてくださいね。

柔道整復師

治療家には、柔道整復師と呼ばれる専門家がいます。

柔道整復師は、骨や関節、筋、腱、靭帯などに加わる急性・亜急性の原因によって生じる脱臼や打撲、骨折、捻挫、挫傷などの怪我に対して手術を行わずに治療を行うことが出来る専門家です。

整復や固定などの非観血的治療法によって怪我の回復を目指します。

柔道整復師の施術は、主に3つあります。

  1. 整復法:関節が外れた場合に元に戻したり、骨折した箇所を元の状態に戻す操作をする技術を指します。
  2. 固定法:骨折や脱臼をした場合に、包帯や三角巾、副木などを使って患部を固定する治療法です。
  3. 後療法:損傷した組織を回復させるための治療法です。後療法には、物理療法・運動療法・手技療法があります。

【柔道整復師とは】

柔道整復師は厚生労働大臣免許であり、国家資格の一つです。

柔道整復師になると、主に整骨院や整体院、整形外科などで働くことが出来ます。最近ではスポーツ分野や福祉の分野でも活躍できるため、まさに手に職をつけたい方に人気の資格です。

また、柔道整復師の資格は「開業権」があるので自分で整骨院や接骨院を開院することが出来ます。

【柔道整復師になるためには】

柔道整復師の資格を得るには、厚生労働大臣指定の柔道整復師養成施設や文部科学省指定の学校に通い、様々な技術や基礎的な知識について学びます。

このような学校では、テーピングの技術や運動学、解剖学、リハビリテーション学などの基礎医学について習得できます。こうして国家試験の合格を目指し、卒業すると受験資格が与えられます。

【柔道整復師の進路】

柔道整復師の資格を取得すると主に下記のような道で活躍することが出来ます。

  • 病院や整骨院・整体院のスタッフ
  • スポーツトレーナー
  • ケアマネージャー
  • 機能訓練指導員

【柔道整復師と整体師の違い】

柔道整復師と整体師は、似ているようですが認められている施術や資格の種類が違います。

大きな違いとして、柔道整復師は国家試験ですが、整体師は民間の資格ということがあります。

もう一つの違いは、患者さんに対する行為が保険適用になるかどうかという点です。柔道整復師は、治療行為が医師と同じように保険適用になります。ですが整体師は、治療行為ではなく医療類似行為となるため、保険が適用されないのです。

平成14年3月改定の日本標準産業分類によると、整体師は「その他の療術師とあり温熱療法、光熱療法、電気療法、刺激療法などの医療類似行為を業とする者」とあります。

治療家を目指す方は、このような違いを覚えておく必要があります。

鍼灸師

針やお灸で刺激することで病気などを治す専門家を鍼灸師と呼びます。このような鍼灸治療を行うことが出来るのは、医師を除くはり師・きゅう師の国家資格所持者のみです。

【鍼灸師とは】

鍼灸師は、厚生労働大臣免許であり国家資格の一つです。

針による刺激やお灸による温熱で、全身に存在する経穴(ツボ)を刺激し、病気などの治療を行います。鍼灸師の資格があると、鍼灸院や鍼灸整骨院で働くことが出来ます。

【鍼灸師になるためには】

鍼灸師になるには、厚生労働大臣指定の専門学校や文部科学省指定の学校に通い、卒業する必要があります。

このような学校で、生理学や解剖学、衛生学などを学びながら国家資格の合格を目指します。はり師ときゅう師は別々の資格なのですが、ツボを刺激して治すという共通の技術から、養成課程が同時に進められ国家試験が同時に申請できます。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、基本的には器具を使わず、手や指で刺激を与え治療効果をもたらす専門家を指します。このあん摩マッサージ指圧師になるためには国家資格が必要です。

【あん摩マッサージ指圧師とは】

あん摩マッサージ指圧師は、厚生労働大臣免許であり国家資格の一つです。

基本的には器具を使わずに、衣服の上から手や指で押す・揉む・叩く・さするなどの機械的刺激を与えて血行の流れを改善します。あん摩マッサージ指圧師は、このような刺激によっておこる生体反応から治療効果をもたらします。

主にマッサージ店や治療院、病院、スポーツ分野などで活かすことができる資格です。また、最近は機能訓練指導員のように介護分野で活躍するあん摩マッサージ指圧師も増えています。他にも、視覚障碍者の学校で講師を勤めるケースもあります。

【あん摩マッサージ指圧師になるためには】

あん摩マッサージ指圧師になるには、厚生労働大臣指定の専門学校や盲学校(特別支援学校)に通い、卒業する必要があります。ですが、全国で厚生労働大臣指定の専門学校が約20校しかないことから、入学することが難しいと言われています。

このような学校では、生理学や衛生学、リハビリテーション医学などを学びながら国家試験の合格を目指します。

治療家として活躍するために…

目指す治療家の資格を取得し、今後幅広い分野で活躍していくためには、新たな技術の習得や今後の治療業界の情報をどんどん吸収していくことが大切です。

株式会社プロキュア・ジャパンが立ち上げた治療家専門のSNSサイトでは、ほかの治療家との情報交換をすることが出来ます。そこでは、情報交換のほかにも治療家としての悩みや経営に関する悩みなどを各分野に特化した先生に相談できるのです。

治療家として、自分を高めるにはぴったりのSNSサイトです!

治療家として様々な分野で活躍したい、より高い技術を習得したい、ほかの治療家さんの話を聞きたいなど、当てはまることがあれば是非相談してみましょう。

また、治療家としてさらに学びたい、患者様により深い治療をしたいという方は日本でただ一人スポーツカイロプラクティックの最高学位DACBSPを取得した榊原ドクターのDVDがお勧めです。

ポイントをまとめたDVDなので、必要な部分だけ何度も繰り返し自宅で学べます。きっと忙しい治療家さんをサポートしてくれるでしょう。

まとめ

治療家として働きたい!と漠然とお考えの方は、自分の将来のビジョンが少し見えてきましたか?

ご紹介した資格はどれも簡単に取得できるものではありませんが、今後、治療家として活躍するためには大切な資格です。自分の目標に合わせて頑張りましょう!