身体Junction ~からだジャンクション~

外反母趾など足のトラブルを予防!-足の筋力をアップさせるトレーニング方法

外反母趾の原因はなに?

外反拇趾については、皆さんある程度知っているかと思います。

足の親指(母趾)が内側に曲がってしまう、女性に多い病気です。

一般的にハイヒールなどの先端が細くなっている靴を履いている人がなると思われていますが、実はスニーカーをはいている人でもなってしまう病気です。

放っておくと変形が進み、痛みも増してきます。

さらに外反母趾で痛んだ部分を庇いながら歩いていると体のバランスが崩れていき、頭痛や肩こり、腰痛などの症状を引き起こすこともあります。

そんなこわい外反母趾について、原因や改善方法を解説していきます。

外反母趾になってしまう原因は「足の筋力低下」だった!

足の骨格構造は足の筋肉によって支えられています。

なので足の筋肉が低下してしまうと本来の骨格構造が崩れてしまい、外反母趾などの足のトラブルを引き起こしてしまうのです。

足裏は3つのアーチで全体重を支えている

人間は歩くときに足裏で全体重を支えています。そのため足にかかる負担に耐えられるように足の骨格や筋肉の仕組みがあります。

足の裏には「土踏まず」がありますよね。

土踏まずは直接地面に触れないアーチ型になっているのですが、このアーチ型は外からの力に強い形なんです。足裏にはこうしたアーチが土踏まずを含めて3つあり(縦のアーチ、横のアーチ、土踏まず)スムーズな歩行ができるようになっています。

具体的にいうと、

人間の足には、縦と横にアーチがあり、歩くときは踵と親指の付け根と小指の付け根の3箇所にしか体重がかからないようになっています。

~にしぼり整形外科 院長BLOGより~

(参考:http://www.nishibori-seikei.com/blog/)

そしてこのアーチを支えているのが足の骨の筋肉!

ところが、現代人のように靴を履いて歩いていると筋肉を使わなくても歩けるため次第に筋力が低下してしまいます。

その結果アーチを支えることが出来ず土踏まずの部分が平べったく広がった状態になり、外反母趾などの症状を引き起こします。

縦のアーチがなくなると「偏平足」に…

足裏の縦のアーチがなくなってしまうと「偏平足」を引き起こします。

偏平足とは画像の通り、土踏まずがなくなってしまい足裏がピタッと地面についている足のことです。偏平足の状態のまま歩いていると足の内側に負担がかかるようになり、体のバランスが崩れてきます。そうなると自然と親指で支えようとし、親指の骨に負担が集中します。

親指の骨に負担がかかった状態が続くと親指の根元の部分が耐えきれなくなり、関節が「亜脱臼」になってしまいます。亜脱臼とは骨の結合が弱くなりずれている状態を指します。

横のアーチがなくなると「開帳足」に…

縦のアーチではなく、足裏の横のアーチがなくなってしまうと「開帳足」になってしまいます。

開帳足とは、足の甲の盛り上がりがなくなり横幅が広くなった状態のことを言います。足の横幅が広がってしまうと靴を履いた時に親指が強く圧迫され、外反母趾になってしまいます。

 

このように足のアーチはとても重要。言い換えれば、足のアーチが崩れなければ外反母趾などの足のトラブルも起きないということです。

しかし中には一般より外反母趾になりやすい人もいます。そんな人に共通する特徴があります。

外反母趾になりやすい人の特徴5つ

足の指が長い

人が歩くときは足の指を使って地面を蹴るようにして歩いています。しかし足の指が長い人は靴の中で指を自由に動かせないので蹴りだすことができません。そのため足の筋肉を十分使った形で歩くことができておらず筋力が低下してしまいます。

足の指の中で親指がもっとも長い

足の指のうち親指が一番長い場合は、親指がもっとも靴に当たりやすく圧迫されてしまいます。その状態が毎日続くので自然と外反母趾になりやすくなってしまいます。

足首が内側に向いている人

まっすぐ立った時に足首が内側に向いている人は、歩いている時に足を内側にひねりながら歩いてしまう「過回内」という動作をとっています。過回内の状態で歩いていると足の内側に負担がかかるので偏平足になりやすく、足の親指に負担がかかります。

裸足で歩く機会が少ない人

裸足で歩くと自然と足の指を使うので望ましいのですが、裸足で歩く機会なんて現代人ではほぼないですよね。自分の足に合っている靴を履いている人も少ないため、靴を履いた状態では足の筋肉を使うことができません。そして使わないままだと筋肉は衰えてしまいます。

女性

女性は男性と比べると筋力が弱いため、アーチ構造が崩れやすくなっています。さらに、関節が柔らかく、ヒールで歩く機会も多いので外反母趾になりやすいです。

外反母趾を予防・進行を遅くする方法

では、どうしたら足の筋力低下を防いで外反母趾を予防できるのでしょうか。先ほども書きましたが1番良い方法は裸足で歩くことなんですがそれは不可能に近いですよね。

代わりの方法として、足の指を自由に動かせるように五本指の靴下を履くこと、自宅ではなるべく裸足で過ごすことなどが上げられます。とにかく少しでも足の指を動かすことが大切なので、毎日お風呂上りに、足の指でグーパーを10回位するだけでも、効果があります。

~にしぼり整形外科 院長BLOGより~

(参考:http://www.nishibori-seikei.com/blog/)

足の指をグーパーするだけでも効果があるんですね。自宅で過ごす際はなるべく裸足で過ごすことで足の指を使うようにしましょう。

加圧トレーニングで筋力アップ

足をグーパーするだけでも外反母趾に効果がありますが、+αとして加圧をしながら行うとさらに効果があがあります。

加圧トレーニングは足や腕の付け根を専用のベルトで締め付けて加圧した状態でトレーニングと行います。加圧することによって血流量を制限できるので負荷が高まります。その状態でトレーニングを行うと短期間でも効果的にトレーニングをすることができます。

足の付け根を加圧した状態で足をグーパー運動を行うと効果は倍増!トレーニングを続ければ外反母趾を改善・予防できます。

足のグーパー運動だけでなく、加圧した状態で足の筋肉を鍛えるトレーニングを行うことで本来の筋肉の動きで歩くことが出来るようになるので、足裏にかかる負担も軽減されます。

整骨院で体の歪みを改善する

過回内のように体のバランスが崩れているままで歩くと、足裏に多くの負担がかかってしまいます。足の筋肉を鍛えるのと同時に体のバランスも整えることで理想的な姿勢で歩くことができます。

整骨院で体のバランスを整えて美しい姿勢で歩くようにしましょう!

あお整骨院では体のバランスを整えるのはもちろんのこと、パーソナルトレーニングで自分に合ったトレーニングを行えるのでさらに足の筋力アップを図れます。